白線文庫

白線文庫より、新入荷のご案内です。

お知らせ 白線文庫

 

中川正子写真集『ダレオド』

昨年の夏にOZ magazine の取材で、ハクセンへおいでくださった、

写真家の中川正子さんの写真集『ダレオド』が入荷しました。

 

黒磯の白線文庫のころから、murmur magazineに出て来られる正子さんとして

知っていて、震災後ご家族で岡山に移住された正子さんに

鳥取に帰ったらいつかお会いできる機会が出来たりするのかなぁ、と

ぼんやり思い浮かべていたのですが、本当にお会いできるなんて!

岡山から鳥取、距離は遠くはないのですが交通の便が悪いので

近いようで遠い。タイトなタイトなスケジュールでの取材で、

お話ばかり花が咲いてしまって、写真、大丈夫ですか、正子さん!

という感じもありつつ。

すごく楽しい時間を過ごさせてもらいました。

 

印象に残っている話がいくつもあるのですが、ここでひとつだけご紹介を。

仕事柄、移動が多くて電車に乗ることが多いのだけど、いつもその車両で、

一番の装いの素敵な人を見つけて、その人の横にピッタリつけるの、と。

近すぎてちょっと気持ち悪いかなってくらいね!と明るく話してくれる正子さんが、

とってもかわいくて、もう笑っちゃうくらい自分の欲求に素直な人

なんだなぁって思ったのを思い出します。

人生が冒険で、日常でワクワクを探し続けている子どものこころ、みたいな。

でもそれって、プロとして“人を撮る”ということにすべてつながっていくこと。

一瞬一瞬を本当に大切にしていて、自分の“好き”を常に追求している。

人の本質を見抜く力、のようなものを日々磨いているんだなぁ

すばらしいことだなぁと思ったのでした。

自分の仕事への誠実さというのでしょうか、正子さんのその精神が大好きです。

『ダレオド』のあとがきを読んで気がつきました。

正子さんはきっと、この日もこの短い時間でこの場所から

見えざる光を掬いとってくれていたのではないかな、と。

 

いつも美しくありたい、きらきらしたひかりを見ていたい、

正子さんのあつめるひかりは、生命のきらめき、なのではないかな。

同じ、子どもを育てる母親として、正子さんの平和への願いに強く強く共感します。

子どもたちが周りからあたたかい目で見守ってもらえる場所、

安全で守られた場所にいつもいられるように。

少しずつでもそういう社会に近づけていくこと。

小さな場所から始めて、じょじょに広げていく。

それが正子さんの目指す世界平和なんじゃないかな、と感じました。

 

消費というのは一つの投票である、これは気の合う友人たちと

いつも話し合っていた大切な生き方の指針のひとつです。

簡単なことでいいんです。

自分が好きだなって思える人のお店で買い物をする、

好きだなって思える人の作っているものをその手から買う。

高いから安いからで選ぶのではなく、その時の自分の身の丈にあった

でもほんの少し背伸びをするくらいの質の良いものを身につける。

家族や友人と本当に心の底から心地のよい関係を作っていく。

無理せず、楽しみながら。

 

世の中全体の意識を少しずつ変えていく。

一人一人が自分で考えて自分で決めて、行動に移す。

その都度その都度、自分の意志でより良いことやものを

選び取っていく力を身につけること。

 

私は正子さんの生き生きとしたひかりを、そしてそれを支えてくれている

すばらしい家族を応援したい。

雑誌の取材後、正子さんのインスタを楽しみに見ている、

と教えてくださったお客さんがたくさんいらっしゃいました。

どうかぜひ、もう一歩踏み込んで

正子さんのひかりを本という美しい形にした『ダレオド』も、

お手に取ってご覧頂けるとうれしいです。

そしてどうぞ、一票投じていただければ、なおうれしいです。

 

kaori

 

白線文庫からのお知らせ

お知らせ 白線文庫

白線文庫の佳織です。

2010年からはじまった白線文庫は古本販売を終わり、

今度は新刊の販売のみで小さく続けていこうと思います。

同じ松崎の湖畔を歩いて3、4分ほどのところに

汽水空港という現在休業中の古本屋さんがありますが、

再オープンに向けて少しずつ準備が進んでいるようです。

古本はどうぞそちらでお楽しみいただければ!

準備の進み具合はどうかな、なにしろここでは

時間の流れ方がゆっくりなので、

気長に気長に待つことにしましょう。

 

東郷湖沿いの散歩はとーっても気持ちがいいですよ。

散歩に本に公園に温泉、美しい水の風景のあるカフェ。

のんびりするには最高。

波のゆらゆらを眺めていると、時間を忘れます。

そういえば東京から毎年夏にゆっくりお休みを取って

近くのゲストハウスたみに1週間くらい滞在して

のーんびり過ごす、そんなお客さんがいらっしゃって

あぁ、鳥取のいい過ごし方のひとつだなぁと思いました。

 

さて。

白線文庫は、見ぬ世の人を友とする、から

生きている人のつながりを大切にして。

諸事情あって、ハクセンの現場からは抜けることになり、

本は委託でお店に置かせてもらいます。

 

ハクセンの今は、スタッフの入れ替わりもあり

通常営業の体制を固めている時期なので、

少し先にはなると思いますが、ハクセンでのイベントお手伝い、

裏方の業務などでは今後も関わっていく予定です。

 

新刊の入荷案内などはこちらからいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

kaori

 

 

白線文庫のこれまでとこれから

お知らせ コラム 白線文庫

ここでお店を開く前から決めていたこと。

日々の業務に追われてすっかり忘れてしまっていました。

こじまさんは喫茶を、私は本を。

かつて、そう決めてここまで来たのでした。

10年前に決めたことです。

 

いざお店をはじめてみるとままならないことがあまりにも多く

どうにかしてお店の水準を保たなくては、

いいお店でないと、ここにある意味はない、

と、とてもきびしく考えていました。

そう思って懸命に日々を送っていたら、

いつのまにか、自分の場所ではない喫茶に

深くかかわりすぎていたようです。

そしていつのまにか、自分自身のこれからのことが

なにも見えなくなってしまっていました。

とにかく、このままではいけない、と思って

ワガママを言ってお店の業務から少し離れさせてもらって、

ゆっくり考える時間をもらいました。

なにも言わずにお店で急に姿を見せなくなって、

たくさんの方にご心配をおかけしました。

ごめんなさい。

 

これまでのこと、このさきのこと。

ゆっくりじっくり考えさせてもらいました。

10年前には見えていなかった、このさきの夢が、

おぼろげながら、見つかったような気がしています。

私は夢を見ながらでないと生きていけないのだな、と、

たいせつなことに気がつきました。

寝てみる夢、なぜか近頃いっさい見ないのです。

だから、起きてみる夢が必要。

 

しばらくの間、白線文庫を整える作業と、

喫茶の仕事を引き継いでいく作業に集中したいと思います。

そして、あたらしい夢への準備も。

あたらしいことがかたちになっていくのは、

これまでのことを整えてからなのですね。きっと。

 

白線文庫は古本屋ではなく、ハクセンの本棚として

整えていこうと思っています。

喫茶を愉しみながら、好きに本を読んでもらえる本棚として。

そういえば黒磯の白線文庫にも、読書室がありました。

きっと懐かしく思い出してくれる方もいらっしゃるんじゃないかな。

いつかは本の貸し出しもできたらいいんじゃないかなとも思いますが、

それはこれからの喫茶のスタッフにゆだねてみようと思います。

 

「ひとり灯火のもとに 文をひらいて

見ぬ世の人を 友とする

ここに古本屋があることで

だれかの なにかの きっかけになれば」

そう思ってはじまった白線文庫でした。

そして、その「ここ」というのは黒磯の町でした。

 

今いるこの場所には、こじまさんのハクセンがあります。

満ち満ちた水の風景のある、こころ静かな場所です。

「人がやってきて、人に会うこと。話をすること。友達になること。

毎日の生活の中で、何となく気がついているけど、言葉にできないことを、

言葉にして、気がつきあうこと。」

ふたつめの「人」のところは、

「本」や「音楽」や「絵」と言いかえることもできます。

この場所の、これから。

 

そしてきっとまた、この場所が、ここにあることで

だれかの なにかの きっかけになってくれる と

強く信じています。

 

夢や希望は探すものではなくて、与えられるもの

今、そういうふうに感じています。

与えられたものを活かしきる、そんな生き方がしたい。

きびしい考えを持って生きていると、きびしい現実が返ってくる

ということを、身をもって知りました。

そしてこれからはやさしくあまく生きていこうと決めました。

これまでの、かかわってくれたすべての人やものに

言葉では言い表せないほど、感謝をしています。

 

少しずつかたちは変わっていきますが、

どうぞこれからもあたたかく見守ってくださるとうれしいです。

 

 

 

 

 

 

 

白線文庫より、新入荷のお知らせです

お知らせ 白線文庫

23433211_2419074298316686_1691062303_o 23468278_2419074474983335_1942900485_o-2

白線文庫より、新入荷のお知らせです。

 

『わたしの手帖2018』
『日めくりッ コンシャスプランカレンダー2018』
入荷しました!

 

浄化とセルフケアの知恵がいっぱいのわたしの手帖と、

人生が前進する日めくりカレンダーです。

ワクワクしますねー。

 

手帖がうまく使いこなせない私ですが、今年ははじめて自分で使ってみました。

おもに月の満ち欠けの確認、というカレンダーのような不甲斐ない使い方に

なってしまいましたが、それでも十分ありがたかったです。

読みものとしてもとてもおもしろく、お守りやレメディのように使える手帖、だと思います。

 

2018年の手帖は、色調の違ういずれも金色が二色。

今年はネイビーを使って気に入っていたので、正直なところちょっと残念だったのです。

でも届いてみると、不思議なことに今の気分にぴったりだったのでした。

少し前に、こじまさんが「ここは光に支配されている」なんて、

皮肉っぽく言っていたことも笑って思い出されます。

 

光の色の手帖、勇氣と元氣が出る、そしてのん気なれるふしぎなカレンダー。

元氣を贈りたい、大切な人へのプレゼントにもいいかもしれませんね。

 

手帖に付く初回特典の、『およろこびさまカード』が、とても気に入りました。

 

手帖やカレンダー、ダイアリーなど、白線文庫の本棚の前に並んでいます。

どうぞご覧ください。

 

今日も一日およろこびさまです!

古本、在庫セールが始まりました。

お知らせ 白線文庫

s_DSC_1417

 

梅雨入りしたというのに雨が降らず、気持ちのよい天気が続きます。

午後遅い時間の湖面がきらきらととてもきれい。

先日、カフェのオープン前にSTOREでテイクアウト利用してくださった年配のマダムたちが

外のベンチで涼んでいってくださったのが、とてもいい光景でした。

この季節ならではの贅沢です。

 

さて、先日お知らせしていた、白線文庫の古本在庫セールが始まっています。

店内本棚のリフレッシュのため間引いたものや、

普段はお店に並んでいない、白線文庫の守備範囲外の本もたくさん出しています。

¥50から¥500まで。中にはずいぶんしっかりした本も混じっています。

少しずつ入れ替えもして6月いっぱいくらいの予定です。

どうぞ、掘り出し物を見つけにいらしてください。

STOREの開店時間と同じ、11:00から17:30まで、

もちろんコーヒーや豆、ハーブコーディアルドリンク、焼き菓子のお持ち帰りもできますよ。

本はエントランスに並べていますので、ふらりとお寄りください。

 

●セールコーナーに限り、本の物々交換もお受けします(辞書や情報誌、シリーズものなどはのぞく)。

だれか他の人の喜んでくれそうな本、大歓迎です。どうぞお気軽にお持ちください。

なお、白線文庫では本の買い取りはいたしません。

 

 

 

 

« old post