お知らせ

お知らせ

お知らせ

明日、23日(土・祝)は祝日のため休業です。

どうぞお気をつけ下さいませ。

 

間近のお知らせになり恐縮ですが、

27日(水)は、イベントの振替休業とさせていただきます。

焼き菓子の仕込みと月末の事務作業の日といたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

24日(日)、25日(月)はイベントのため臨時営業をしています。

たくさんの仲間とお店を開けられるのは久しぶり。

とてもワクワクしています。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

9月の臨時営業と臨時休業のお知らせ

お知らせ

9月はイベントのため臨時営業と臨時休業があります。

ちょっとややこしいですが、お気をつけくださいませ。

 

○9/24(日)、25(月)11:00〜17:00(LO.16:30)

普段はお休みの日・月ですが、

artos Book Store POP UP SHOP in HAKUSEN開催のため臨時営業です。

イベントに合わせてカフェ営業も11時よりお待ちしています。

 

9/30(土)は休業とさせていただきます。

どうぞお気をつけください。

娘の運動会の応援に行ってきます。

 

 

さてさて、24日(日)、25日(月)は

松江からアルトスブックストアの店主ご夫妻がお越しくださいます!

http://artosbookstore.com

行く度に本を両手に抱えるほどに持ち帰ってしまう、

私たちの大好きな本屋さんです。

衣食住をテーマにした本がずらっと並び、

本だけでなく、暮らしを楽しくする雑貨やお菓子や食品なども置いてある、

とても楽しいセレクトブックショップ。

決して広くはない店内に、ぎゅっと凝縮されて欲しいものがいっぱい詰まっています。

木製のすてきなおもちゃが片隅に設置してあり、

小さい娘と一緒に行ってもゆっくりと本を選べる貴重な本屋さんでもあります。

 

秋はやっぱり本が似合う。

このごろはやっと風もさわやかになって集中力も戻ってきたように感じます。

カフェにおひとりでいらしてゆったりと本を読んで過ごされるお客さまが

ぐっと増えて、とてもうれしく思っていたところです。

今回はハクセンにちなんで、“水辺”をテーマに選書していただくコーナーも予定しています。

写真集や絵本、装丁からイメージするものまで色々と用意できれば、とのこと。

カフェでのんびりと、たまには外の水辺の風景に目をやりながら

ゆっくりとページをめくりたくなるような本がたくさんやってきそう。

どんな本に出合えるのか、とても楽しみです。

 

今回はイベントのために選んでいただいた本や、

普段お店で人気のフレグランスや靴下などの雑貨に、

NAOTの靴の受注会も開催してくださいます。

NAOTの靴。かれこれ5年前くらいでしょうか、

栃木に住んでいた頃にNAOTキャラバンで手に入れ

(買うつもりはなかったのに、履き心地に驚いて購入してしまった)、

私も愛用しています。

とっても履き心地が良くて、足の皮の一部のような一体感。

いろんな靴を履いてきましたが、履き始めてすぐに

こんなに馴染んだ靴って今までにないです。

立ち仕事にはやっぱりこれ、と思っています。

なかなかない機会ですので、履いてみるだけでもぜひ、お試しくださいね。

 

24日(日)には、同じく松江より自家焙煎珈琲店Imagine.coffeeの岸本くんが、

1 DAY マスターとして、珈琲を淹れにきてくださいます。

この日のコーヒーはイマジンコーヒーのものだけをお出しします。

コーヒー以外のドリンクや、ケーキや焼き菓子などはハクセンでご用意します。

普段とはちょっと違う形態で、ちょっと気軽にお楽しみください。

 

本とコーヒー、そして焼き菓子、風の見える場所でのお茶の時間。

私たちが大好きなもの集めてお店を始めて、

こうやっていろんな方と一緒になって好きなことを共有できるなんて。

遅ればせながら告知を書きながら、これにまさる喜びはないなぁとしみじみしました。

みなさんのお越しをお待ちしております!

 

 

IMG_1208

写真は昨年、NAOTの春夏受注会の際にコーヒーを淹れにいかせてもらった時のひとコマ。

 

 

 

 

『FORKLORE』at HAKUSEN

お知らせ

tumblr_inline_ov0n37nwfn1rj803z_500

ハクセンでの10月の演奏会のお知らせです。

ここで初めて演奏会をした時から、この場所に呼びたい人がいるんだ、と
友人が言ってくれていました。
もちろん私たちも大好きな演奏家さんたち。
念願かなっての開催です。

いろんな人のいろんな想いが淡くグラデーションになって、
10月の夕ぐれの水辺の風景と重なり合う時。
みなさんと同じ時間を過ごせることを楽しみにしています。

『FORKLORE』at HAKUSEN

日程:2017年10月14日(土)
開場:17時 開演:18時
会場:HAKUSEN(鳥取県東伯郡湯梨浜町旭127-2 )
料金:4000円+1ドリンクオーダー
*保護者の方のお膝の上でご覧になる未就学時は無料。小学生以上は大人と同料金。
*HAKUSENの軽食などもご用意してお待ちしております(別途オーダー)
出演:FOLKLORE(AOKI,hayatoとharuka nakamura+内田輝)
PA:田辺玄(Studio Camel House)

 

 

前回のランテルナムジカ公演の主催をしてくださった熊谷さんが、
とても素敵にご紹介くださっています。

—-
こんにちは。街のカフェでFOLKLOREの「days」をイヤフォンで聴きながらこの文章を書いています。
書きながら、HAKUSENの窓に映える夕暮れの湖が頭に思い浮かんでいます。
一日が終わる時、今日も生きられてよかったと思います。日々と書くと毎日はくり返しのようですが、かけがえのない一日の積み重ねが日々なんだと、思います。
HAKUSENの水辺の風景を美しく感じること、FOLKLOREの音楽を美しく感じること。この美しく感じる心はどこからやってくるのでしょうか。
自分の奥深くを覗きこむことは、自分を開放することに似ています。
その時、自分が変わらざるをえなくなることがあるかもしれません。
変わることは怖いけれど、美しさの源へ進んでいくこと。
その時、背中を押してくれるのは、帰っていける風景があるということです。
HAKUSENで時を過ごすと、FOLKLOREを聴いていると、わたしのなかにも美しいものがあるのだと思える。
変わり続ける日々のなかで、HAKUSENでFOLKLOREを聴くひと時は、きっと自分のなかの帰っていける風景と、自分の未来の姿を経験できる時間になると思います。
イヤフォンから「もうひとつの時間」が流れ始めました。いまこの瞬間も、HAKUSENの水辺に何羽もの鳥が舞い降り、飛び立っているかもしれません。
それでは、10月の水辺でお会いできること、楽しみにしていますね。
熊谷充紘(ignition gallery)
—-
メールでのお申し込み:下記アドレスまで必要事項を明記のうえ、メールをお送りください。
[ignition.gallery@gmail.com]
件名「FOLKLORE」
1.お名前(ふりがな)
2.当日のご連絡先
3.ご予約人数
*ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送り致します。
*メール受信設定などでドメイン指定をされている方は、ご確認をお願い致します。
*当日無断キャンセルの方にはキャンセル料を頂戴しております。定員に達し次第、受付終了いたします。
店頭でのお申し込み:お名前・ご連絡先・人数をお伝えください。
HAKUSEN ※定休日:月曜日 / 日曜日/祝日、13時-17時30分

FOLKLORE
(AOKI,hayato と haruka nakamura + 内田輝)
image
2012年春、CDショップ「雨と休日」3周年演奏会で出会いAOKI,hayato と haruka nakamuraとして活動をスタート。2014年秋 1st ALBUM「FOLKLORE」(fete musique.)をリリース。2016年内田輝(SAX)が正式参加。trio編成となりユニット名もFOLKLOREとなる。ギター、ピアノ、サックス、電子楽器を織り交ぜ、交叉する旋律と音響の旅路。

 

青木隼人 AOKI,hayato
1978年生まれ。ギター演奏を中心に音楽を続ける。自主レーベル「grainfield」を運営。ジャケットのデザインも自身で手がける。ソロでの演奏活動のほか haruka nakamura とのデュオは2014年にアルバム『FOLKLORE』を発表。

 

haruka nakamura
青森県出身。4th ALBUM「音楽のある風景」によるPIANO ENSEMBLE TOURを2015年から開始。広島世界平和記念聖堂に代表される教会、重要文化財を中心に、海外公演も含めたロングツアーを敢行。ツアー中には目黒パーシモン大ホールで行われた「THE PIANO ERA」にも出演した。代表作はnujabesと共作した「lamp」写真家 奥山由之がMV監督を手掛けた「arne」など。コラボレーションでは、坂本美雨 with CANTUS、まじ娘、Aimerなどの楽曲をプロデュース、MV、remixを手掛ける。畠山美由紀の品川教会公演や幾つかの公演で、バンドマスターを担当。2016年、NHK BSプレミアム「ガウディの遺言」の音楽を担当。テーマ曲「CURTAIN CALL」が12inch LP + CDで年末にリリース。自身の楽曲が原題となり製作され、音楽も担当した映画「every day」が公開。CITIZEN、SONYなどCM音楽における、映像との作品を手掛ける。ソロ活動と並行して、青木隼人、内田輝とのTRIO「FOLKLORE」による旅を続けている。

 

内田輝
音楽大学でsaxを専攻。音に反応する心に興味を持ちピアノ調律を習得。調律を通して音の本来に出会う為のWSを開催。その後14世紀に考えだされた鍵盤楽器、クラヴィコードに出会う。現在、日本中を巡り演奏会とWSを行い、映画音楽も手掛ける

制作:熊谷充紘(ignition gallery)

 

http://ignitiongallery.tumblr.com/post/164400168827/folkloreat-hakusen

夏期休業のお知らせ

お知らせ

8/31(木)から9/6(水)まで夏休みをいただきます。
娘の生まれ故郷、白線文庫の始まった場所に今年もまた里帰りしてきます。

今日も帰省のみなさま、夏休みの旅行のみなさま、
そしてご近所のみなさまで賑わう店内でした。
8月に入って、この時期に毎年来てくださる方々の元気なお顔が見られ、
とても嬉しい毎日です。
3年目の夏、おかげさまでようやくお店がかたちになってきたような気がします。

9月には本屋さんのPOP UP STORE、
10月には演奏会と、ワクワクするイベントも企画しています。
詳細決まりましたら、またお知らせいたします。
お楽しみに!

heima

お知らせ コラム

久しぶりに、やっとHPを開いています。

昼間は夏休みらしく日々の業務で精一杯、

夜は娘を寝かしつけながらの寝落ち…が続き、やっと!

忙しいのはとてもありがたくうれしいことですが、

イベントや何かちょっと新しいことを、という時に少し

余力というか、隙間のようなものがないとなかなか難しいものですね。

 

さて、インスタでもこじまさんが告知していますが、

8/11(金・山の日)はハクセンでheimaです。

なんとも魅力的なイベントなのですぐにいっぱいになってしまうのではと、

告知はさらりとさせていただいていましたが、

まだもう少し、お席に余裕がございます。

16時の会は残りわずか、12時、14時の会はまだ大丈夫です。

【追:8/4現在、16時の会は満席御礼、14時の会が残りわずか、

12時の会にはまだ少々お席がご用意できます。】

なかなかこんな贅沢な時間が過ごせる機会はありません。

なにか理由をつけて(今年の梅雨から続く夏の蒸し暑さはひどかった、とか、

子どもばかりが夏休みでずるいんじゃないか、とか)、

自分を労う時間にしていただけるといいなぁと思います。

 

foodremediesの佳子さんのお菓子は、その名の通り

お菓子で人を癒すことができればという想いから。

お菓子作りに従事するものとしてはもちろんfoodremediesのお名前はよく知っていて、

一度食べてみたいなぁと憧れているお菓子のひとつでした。

こちらから一方的にではありますが、お菓子作りへ向けられている想いや考え方が

とても近いような気がしています。

 

東京で活躍されているワインスタイリストの大野明日香さんが春に来店くださり

その時にheimaのお話を聞いて、foodremediesの佳子さんが来てくれるだなんて!

なんてうれしい!と思ったものの大野さんとのユニットのheimaって、

さて、どんなものなんだろう、と。

お話を聞いていくうちに、お2人がheimaを始めるきっかけとなった映画というのをお聞きして、

後日それを観たのですが、それがすごく、すごく好きだったのです。

これをいいと言える人たちとなら共感できる、

いいイベントになるんじゃないかな、と思ったのでした。

 

その映画は、アイスランドの荒涼とした自然の風景を舞台にした、

胸にぐっとささるような、でもとてもやさしくあたたかい気持ちにつつまれる作品でした。

田舎や自然の中での生活や伝統的な暮らし方って何ものにも代えがたくすばらしいけれど、

でもそれだけじゃない厳しさや、現実をつきつけられる瞬間って、あるのです。

できることなら故郷に住み続けていたいけど、どうしてもそれができなかった、

そういう人たちって、昔からたくさんたくさんいたのだろうなぁ。きっと今も。

そんなことのすべて、いろんなことを考えさせてくれる映画でした。

でも、いつも広々とした自然の風景のすばらしさは力をくれます。

“帰りたい風景”と私は心の中で呼んでいるのだけど、

鳥取の、山陰の広い空のあるなにげない風景の中には、帰りたい、と思わせる強さを感じます。

私自身、家族を説得してここに戻ってきたのは今考えてみると

子どもの頃の日常の風景の記憶がとても大きいと思うのです。

 

heimaをどうしてもここでやりたい、そう言ってくれたお二人の気持ちが

わかるような気がします。

heimaはアイスランドの言葉で家という意味。

帰りたい気持ち、実際には帰らなくとも帰る場所があるというその存在自体が、

人に、力をくれるのでしょう。

もしかすると鳥取に帰省して来られている方にもぴったりのイベントかもしれませんね。

 

また色々書いてしまいましたが、構えずお気軽に参加してみてもらいたいです。

普段は感じられない世界観を体験してもらえるのではないかと思います。

故郷でなくても、ここが好き、と思ってくれている方ならどなたでも。

遠くから近くから、ぜひお越しいただきたいです。

ハクセンの近くにはゲストハウス「たみ」もありますし、

風情のある温泉旅館もいくつかあります。

 

夏の昼下がり、こんな時間から飲んじゃっていいのかなぁなんて思いながら、

それが大人の夏休み、みなさんに楽しんでもらえるとうれしいです!

 

ちなみに。すごく行きたいけど予定が合わない!という方、

8/6(日)には蒜山耕藝の「くど」にて

15:00〜19:00 でheimaのお二人がいらっしゃいます。

先日伺ったくどのオカズデザインごはん、タルマーリーのビールとともに、

今思い出しても、はぁ、いい時間でした。

蒜山のheima、おおらかにゆるゆると、夕ぐれの蒜山を楽しむ。

こちらもおすすめです。

 

kaori

 

IMG_2653

 

 

« old post