白線文庫からのお知らせ

お知らせ 白線文庫

白線文庫の佳織です。

2010年からはじまった白線文庫は古本販売を終わり、

今度は新刊の販売のみで小さく続けていこうと思います。

同じ松崎の湖畔を歩いて3、4分ほどのところに

汽水空港という現在休業中の古本屋さんがありますが、

再オープンに向けて少しずつ準備が進んでいるようです。

古本はどうぞそちらでお楽しみいただければ!

準備の進み具合はどうかな、なにしろここでは

時間の流れ方がゆっくりなので、

気長に気長に待つことにしましょう。

 

東郷湖沿いの散歩はとーっても気持ちがいいですよ。

散歩に本に公園に温泉、美しい水の風景のあるカフェ。

のんびりするには最高。

波のゆらゆらを眺めていると、時間を忘れます。

そういえば東京から毎年夏にゆっくりお休みを取って

近くのゲストハウスたみに1週間くらい滞在して

のーんびり過ごす、そんなお客さんがいらっしゃって

あぁ、鳥取のいい過ごし方のひとつだなぁと思いました。

 

さて。

白線文庫は、見ぬ世の人を友とする、から

生きている人のつながりを大切にして。

諸事情あって、ハクセンの現場からは抜けることになり、

本は委託でお店に置かせてもらいます。

 

ハクセンの今は、スタッフの入れ替わりもあり

通常営業の体制を固めている時期なので、

少し先にはなると思いますが、ハクセンでのイベントお手伝い、

裏方の業務などでは今後も関わっていく予定です。

 

新刊の入荷案内などはこちらからいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

kaori

 

 

« »