白線文庫のこれまでとこれから

お知らせ コラム 白線文庫

ここでお店を開く前から決めていたこと。

日々の業務に追われてすっかり忘れてしまっていました。

こじまさんは喫茶を、私は本を。

かつて、そう決めてここまで来たのでした。

10年前に決めたことです。

 

いざお店をはじめてみるとままならないことがあまりにも多く

どうにかしてお店の水準を保たなくては、

いいお店でないと、ここにある意味はない、

と、とてもきびしく考えていました。

そう思って懸命に日々を送っていたら、

いつのまにか、自分の場所ではない喫茶に

深くかかわりすぎていたようです。

そしていつのまにか、自分自身のこれからのことが

なにも見えなくなってしまっていました。

とにかく、このままではいけない、と思って

ワガママを言ってお店の業務から少し離れさせてもらって、

ゆっくり考える時間をもらいました。

なにも言わずにお店で急に姿を見せなくなって、

たくさんの方にご心配をおかけしました。

ごめんなさい。

 

これまでのこと、このさきのこと。

ゆっくりじっくり考えさせてもらいました。

10年前には見えていなかった、このさきの夢が、

おぼろげながら、見つかったような気がしています。

私は夢を見ながらでないと生きていけないのだな、と、

たいせつなことに気がつきました。

寝てみる夢、なぜか近頃いっさい見ないのです。

だから、起きてみる夢が必要。

 

しばらくの間、白線文庫を整える作業と、

喫茶の仕事を引き継いでいく作業に集中したいと思います。

そして、あたらしい夢への準備も。

あたらしいことがかたちになっていくのは、

これまでのことを整えてからなのですね。きっと。

 

白線文庫は古本屋ではなく、ハクセンの本棚として

整えていこうと思っています。

喫茶を愉しみながら、好きに本を読んでもらえる本棚として。

そういえば黒磯の白線文庫にも、読書室がありました。

きっと懐かしく思い出してくれる方もいらっしゃるんじゃないかな。

いつかは本の貸し出しもできたらいいんじゃないかなとも思いますが、

それはこれからの喫茶のスタッフにゆだねてみようと思います。

 

「ひとり灯火のもとに 文をひらいて

見ぬ世の人を 友とする

ここに古本屋があることで

だれかの なにかの きっかけになれば」

そう思ってはじまった白線文庫でした。

そして、その「ここ」というのは黒磯の町でした。

 

今いるこの場所には、こじまさんのハクセンがあります。

満ち満ちた水の風景のある、こころ静かな場所です。

「人がやってきて、人に会うこと。話をすること。友達になること。

毎日の生活の中で、何となく気がついているけど、言葉にできないことを、

言葉にして、気がつきあうこと。」

ふたつめの「人」のところは、

「本」や「音楽」や「絵」と言いかえることもできます。

この場所の、これから。

 

そしてきっとまた、この場所が、ここにあることで

だれかの なにかの きっかけになってくれる と

強く信じています。

 

夢や希望は探すものではなくて、与えられるもの

今、そういうふうに感じています。

与えられたものを活かしきる、そんな生き方がしたい。

きびしい考えを持って生きていると、きびしい現実が返ってくる

ということを、身をもって知りました。

そしてこれからはやさしくあまく生きていこうと決めました。

これまでの、かかわってくれたすべての人やものに

言葉では言い表せないほど、感謝をしています。

 

少しずつかたちは変わっていきますが、

どうぞこれからもあたたかく見守ってくださるとうれしいです。

 

 

 

 

 

 

 

« »